Archive for 7月, 2010

日本語入力について

Macでの日本語入力には移行してからずっとATOKを使っている。いろいろな機能があるがそれを十分に使いこなしていないように感じる。キーボードはWindows時代からUSキーボードを使っているがATOK 2010 for Macの機能に日本語入力時に英単語を入力し、確定した後、英数キーを2度押せばよいと記されているがUSキーボードには当然”かな”、”英数”といったキーがないのでそれらを使った機能は別なキーコンビネーションになるがヘルプを調べないと分からないのが玉に瑕。ちなみにShift+Control+Cが英数キーに相当するキーコンビネーション。

長年の経験と勘で日本語変換をしていて新しい機能の使い方を調べずに使っていることに気づく。宝の持ち腐れにならないようにヘルプをちゃんと読むべきだな。

DOSの時代には画面下部にファンクションキーが表示されていたのが思い出される。

No Comments

VGA出力できるiPadアプリ その4 ~ iThoughtsHD

iPadでマインドマップを描くアプリiThoughtsHDがバージョン1.2になり、外部ディスプレイへの出力が可能になった。VGAアダプタを接続してアプリを起動するか起動後アダプタを接続すればディスプレイの改造を選択するダイアログが表示される。ここで希望する解像度を選択すれば、表示中のマインドマップが外部ディスプレイに表示される。

VGAディスプレイに表示した時のレスポンスはストレス無くワイプ、ズームイン・アウトする。iPadの向きが変わってもVGAディスプレイの表示は変化無く、VGAディスプレイに合わせた横向きのままだった。

VGAアダプタの接続を自動識別し、表示するかを選択させるのは他のアプリにはない良い点だと言える。

, ,

No Comments

iPadとは

iPadがやってきて一月以上が経過した。自宅でMacBook Proの前に座っている時間が短くなっている。メール、Web、TwitterなどはiPadで十分だ。就寝前、起床直後もiPadで天気やニュースをチェックしている。PDF貸した本や資料の閲覧に威力を発揮する。本の状態では持ち運べない量を700g程度に収めることができるのだから。

仕事では資料の提示のみで済むのであれば十分代用になるが、プログラミング、仮想マシンの利用を伴うのでMacBook Proの代わりには使えない。これは致し方ないことだ。

現在、iPadはビューワーとして、外部記憶装置としての利用する装置と位置づけている。まだまだ活用が足りないようにも思える。さらなる利用法を探らねば。

No Comments

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。