日本語入力について

Macでの日本語入力には移行してからずっとATOKを使っている。いろいろな機能があるがそれを十分に使いこなしていないように感じる。キーボードはWindows時代からUSキーボードを使っているがATOK 2010 for Macの機能に日本語入力時に英単語を入力し、確定した後、英数キーを2度押せばよいと記されているがUSキーボードには当然”かな”、”英数”といったキーがないのでそれらを使った機能は別なキーコンビネーションになるがヘルプを調べないと分からないのが玉に瑕。ちなみにShift+Control+Cが英数キーに相当するキーコンビネーション。

長年の経験と勘で日本語変換をしていて新しい機能の使い方を調べずに使っていることに気づく。宝の持ち腐れにならないようにヘルプをちゃんと読むべきだな。

DOSの時代には画面下部にファンクションキーが表示されていたのが思い出される。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。