VMware Fusion 3.0にアップグレード


VMware Fusion 3.0をvmware.comから購入可能になったので早速アップグレードした。アンチウイルスソフトは不要なのでLight版を選択した。アップグレード後、念のため再起動するとメニューバーにVMware用のアイコンが表示されるようになった。

VMwareFusionStartMenu

メニュー場に現れたスタートメニュー

仮想マシンを起動していない状態ではアイコンをクリックして表示されるウィンドウ内は空だが仮想マシンを起動するとそれに合わせたメニューが表示される。現在、VMwareではCentOS5.4を動かしているが、次のように表示される。

CentOS5.4でのメニュー

CentOS5.4でのメニュー

Linux用のVMware Toolsのインストールを行うとLight版だからだろうか、ダウンロードが実行された。

VMware Tools for Linuxのダウンロード

VMware Tools for Linuxのダウンロード

新しいバージョンになって64ビット化されている。

64ビット化されている

64ビット化されている

確か以前はLinuxのディストリビューション選択にはCentOSがなかったがこのバージョンでは選択できるようになっている。

Linuxのディストリビューション選択

Linuxのディストリビューション選択

不思議なことにソフトウェアアップデートのチェックに同じバージョンのものが新しいと識別されてしまう。スキップを選択し回避する。

ソフトウェアアップデートの動作がおかしい

ソフトウェアアップデートの動作がおかしい

使い勝手はこれからです。

  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。