SystemC


SystemCはC++でハードウェアのモデリングを行うものである。以前から名前は知っていたがフリーで利用できるという認識ではなかった。

LinuxやSolarisなどが対象プラットフォームでMac OS Xはバージョン2.1から対象となっている。ただし、バージョン2.1はまだベータ版だ。

サイトでユーザ登録すればソースコードをダウンロードできる。ダウンロード後のインストールは付属ドキュメントのINSTALLに記されている。だいたいいつものパターン。

$ mkdir objdir
$ ../configure
$ makeあるいはmake debug
$ make install
$ make check

作成されるのはライブラリでモデリングしたハードウェアを検証するプログラムを作り実行出来る。波形データをファイル化でき、表示プログラムがあれば結果を検証できる。

  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。