Windows上で動くLinux


Windowsの特権モードで動作する。VMWareと同じ原理だ。

早速試してみました。

  1. coLinuxとDebianのイメージをダウンロードします。
    coLinuxはWindowsのインストーラ形式なので通常のWindowsアプリと同じようにインストールしますが、インストール先はc:\colinuxなどがいいようだ。
  2. Debianのイメージ(bz2)を展開し、coLinuxのインストール先に保存します。
  3. インストールしたディレクトリにあるdefault.colinux.xmlを編集します。
    私は次のようにしました。
    Debian-3.0r0.ext3.1gbがDebianのイメージファイルです。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <colinux>
        <block_device index="0"
        path="\DosDevices\d:\colinux\Debian-3.0r0.ext3.1gb" enabled="true">
        </block_device>
        <block_device index="1" path="\DosDevices\d:\colinux" enabled="true">
        </block_device>
        <bootparams>root=/dev/cobd0</bootparams>
        <image path="vmlinux"></image>
        <memory size="128"></memory>
        <network index="0" type="tap" name="TAP"</network>
    </colinux>
  4. colinux-daemon.exeを実行します。

起動後の表示

関連リンク

,

  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。