Parallels Desktop 3.0 for MacのSmart selectを試す


先日登場したParallels Desktop 3.0 for Macを早速導入。以前のバージョンで作った仮想マシンのHDDは変換が必要だった。

3.0の新機能のSmart Selectは仮想マシンのWindowsにParallels Toolsをインストールすると、スタートメニューにParallels Shared Applicationsというメニューが作られるとあるのだが何故か作られなかった。仮想マシンで起動したアプリケーションにMac OS Xのファイルをドラッグ&ドロップするとすんなり編集でき、これ以降メニューが追加され、それぞれのOSでファイルを右クリックしたときのメニューにファイルを開くアプリケーションをそれぞれのOSのアプリケーションを選択できるようになった。感動!

仮想マシンに作られたParallels Shared Applicationsフォルダの内容。

スタートメニュー Paralles Shared Applications

Mac OS Xでファイルを右クリック、このアプリケーションで開くの内容。

このアプリケーションで開く(Mac)

Windowsでファイルを右クリック、プログラムから開くの内容。

プログラムから開く(Win)

  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。