lsコマンドでカラー表示


標準ではできないがオプションの指定でカラー表示ができる。

lsコマンドのカラー出力はGNU独自のものかと思っていたらMac OS Xでもできることが分かりました。

たまたまlsのマニュアルを読んでいたらGオプションでカラー出力が可能です。

毎回オプション指定が面倒な場合は.bash_profileなどに次のようなaliasを設定しておくといい。

alias ls='ls -FGv'

実行結果は次の通り。

ls.jpg

CLICOLOR環境変数が関係しているようだ。

  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。