Archive for 1月, 2014

Macアイコンフォントをコードで入力する方法

AppleのMac30周年記念サイトにMacアイコンフォントがあることが伝えられていたので早速ダウンロードし、FontBookでインストールした。このフォントを使ってMacのアイコンの文字はフォントを選ぶだけでは入力できないのでFontBookからドラッグ&ドロップするかキーボードをUnicode Hex Inputモードに切り換えコードで入力する敷かない。その設定と使用法は以下の通り。

MacでUnicode Hex Inputモードを使う手順は次の通り。

  1. システム環境設定を開き、キーボードをクリックする。

    システム環境設定

    システム環境設定

  2. 入力ソースタブを選び、左下にあるボタンを押す。

    入力ソースの追加

    入力ソースの追加

  3. 言語のリストの一番下にあるその他を選び、右側のリストに表示されるUnicode Hex Inputを選択肢、右下の追加ボタンを押す
    Unicode Hex Inputを追加

    Unicode Hex Inputを追加

    Unicode Hex Inputが追加された

    Unicode Hex Inputが追加された

Macアイコンを入力する手順は次の通り。

  1. 入力するアプリケーションを開き、フォントをmac-icon-standardに変更する。

    フォントの変更

    フォントの変更

  2. メニューバーやショートカットキー操作で入力ソースをUnicode Hex Inputに変更する。

    入力ソースの変更

    入力ソースの変更

  3. optionキーを押しながらコードを入力する。コードはE600からE643までが使える。
    コードの確認

    コードの確認

    入力例

    入力例

このフォントがインストールされていない環境ではアイコンは見えません。

No Comments

ePubファイルをKindleで読む

Kindle Paperwhiteを購入した。KindleはePub形式のファイルを表示できないので変換・転送する方法を検索等して確認した。

手順は次の通り。

  1. ebook管理用ソフトウェアのcalibreをダウンロード、インストールする。Mac以外にWindowsやLinuxでも使える。
  2. 変換したいePubファイルをcalibreにドラッグ&ドロップなどで登録する。

    Kindle内のファイル

    Kindle内のファイル

  3. KindleとMacをKindle付属のUSBケーブルでつなぐ。calibreがKindleが接続されたことを認識するはずである。
  4. 変換したいファイルをcalibreから選び、デバイスに転送ボタンを押す。変換と転送が実行される。変換に要する時間は元ファイルの大きさにより異なる。

    calibreでの操作

    calibreでの操作

  5. KindleをMacから取り外す操作をし、ケーブルを抜く。
  6. Kindleに転送されたファイルが表示され、タップすると変換されたファイルが読める。
    Kindleのホーム

    Kindleのホーム、変換されたファイルのサムネールが表示される

    iBooksのePubファイルの表示

    iBooksのePubファイルの表示

    Kindleで変換されたePubファイルの表示

    Kindleで変換されたePubファイルの表示

No Comments

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。