Archive for 6月 18th, 2011

Cocoa Emacs 23.3をビルド

Emacs 23.3.1をソースからビルドし、64ビット Cocoa Emacsを作った。

  1. http://ftp.gnu.org/pub/gnu/emacs/からEmacsのソースemacs-23.3.tar.gzをダウンロード。
  2. MacEmacs JPから日本語インライン入力パッチ(emacs-inline.patch)、フォントパッチ(font.patch)、Xcode4用パッチ(xcode4.patch)をダウンロード。
  3. ソースを展開、パッチを適用しビルドする。
$ tar zxf emacs-23.3.tar.gz 
$ cd emacs-23.3
$ patch -p 0 < ../emacs-inline.patch 
$ patch -p 0 < ../font.patch $ patch -p 0 < ../xcode4.patch 
$ ./configure --with-ns --without-x
$ make
$ make install
$ open nextstep/

最後のコマンドで開いたウィンドウからEmacs.appをアプリケーションフォルダにコピーし、インストール完了。
日本語入力でこけなくなるといいんですが。

Cocoa Emacs 23.3.1 64bit

Cocoa Emacs 23.3.1 64bit

No Comments

LaTeXiTで日本語を含む数式が表示されなくなったら

以前は正しく日本語を含む数式が表示されていたLaTeXiT、気が付くと表示されなくなってしまったので検索したりして解決した。

 

現在、MacWikiのTeX Liveで紹介されてい方法インストールしたTeX Live 2010を使っている。時折アップデートも実行していた。

LaTeXiTで日本語の表示が出なくなったがLaTeXiTがディレクトリ/var/tmp/LaTeXiT-バージョン番号/に作るテンポラリファイルを確認すると

  1. texのソースはUTF-8でエンコードされ、正しく日本語が表示される
  2. LaTeXiT経由で作られるPDFは4ページになり、数式が表示されない
  3. 端末上でdvipdfmxコマンドを使い変換されたPDFは正しく日本語を表示できた

という状態だった。この結果、LaTeXiTがdvipdfmxでPDFに変換する時に問題があることになる。手入力コマンド実行と何が違うのか分からなかったが前出のMacWikiのTeX Liveで紹介されてい方法にあるPDFにフォントを埋め込む設定を確認すると初期状態に戻っていた。TeX Liveのアップデートを実行した時に修正したファイルが元に戻されてしまったのが原因のようだ。指定されたとおりにmapファイルを修正すればLaTeXiTで日本語を含む数式が正しく表示された。

今後はアップデート時にmapファイルを修正するのを忘れないようにしよう。

LaTeXiTで日本語を含む数式を変換

LaTeXiTで日本語を含む数式を変換

 

 

No Comments

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。