VMware Fusion 2.0 RC1でのX11のパフォーマンスが悪化

先日導入したVMware Fusion 2.0 RC1で動かしているCentoOS 5.2のX Window Systemのパフォーマンスがとても悪くなった。ログイン後のGNOMEデスクトップの表示に数分かかる状態でGNOME端末を開くのにもとても待たされ、精神衛生上よろしくない。VMwaare Toolsはちゃんとアップデートしてある。Windowsでは問題はない。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。