Posts Tagged MacPorts

Unable to find TFM file “min10”.なるエラー

Cocoa Emacs + YaTeXでLaTeXを作成し、シェルスクリプトplatex2pdf-utf8でコンパイルすると

Unable to find TFM file “min10”.

というエラーでPDFが生成されなかった。端末上からはうまくコンパイルできるのでフォントの設定が問題ではないようだ。シェルスクリプト内のtexlive2010へのPATHを変更したらエラーなくPDFが生成された。

texlive2010を手動でインストールしたときのdvipdfmxの代わりにMacPortsでインストールしたdvipdfmxが使われたことが原因だった。MacPortsの方を消さねば。

No Comments

Sqlite3のインストール時のエラー回避

Macportsのアップデート時にSqlite3のアップデートでエラーが起こってしまった。vオプションを指定して実行すると次のメッセージが表示された。どうやらi386(32ビット)向けバイナリーを作るためのライブラリが見つけられないようだ。

..
ld: symbol(s) not found for architecture i386
collect2: ld returned 1 exit status
lipo: can't open input file: /var/tmp//cc3s6i1R.out (No such file or directory)
gnumake: *** [sqlite3] Error 1
..

https://svn.macports.org/ticket/22762を参考に、Sqlite3のソースのあるディレクトリに生成されたMakefile内の-arch i386を全て削除し、アップデートし直せばエラーを回避できた。

ソースのあるディレクトリは
/opt/local/var/macports/build/_Volumes_ボリューム名_opt_local_var_macports_sources_rsync.macports.org_release_ports_databases_sqlite3/work/sqlite-3.7.2

である。

No Comments

wireshark、動くようになりました

動かなかったMacPortsのwireshark、動くようになりました。

  1. MacPortsを最新版の1.8.1にアップグレード
  2. 今日、9/30時点でのパッケージをアップグレード(x11/pangoなど)

x11/pangoがアップデートされたことで起動できるようになりました。ライブラリが問題だったんですかね。

ちなみにwww.wireshark.orgで配布されているwiresharkはすんなり動いていました。

, ,

No Comments

Wiresharkeが起動しない

MacPortsでインストールしたWireshark、起動しようとすると一時間以上、スプラッシュ表示から先へ進まず、起動できない。再インストールしてみても症状は変わらない。

起動時のメッセージは次の通り。

Xlib:  extension "RANDR" missing on display "/tmp/launch-Tqi0aO/:0".

, ,

No Comments

MacPorts 1.8.0でPythonのインストール

先日失敗したMacPorts 1.8.0でのPython2.6のインストール、いろいろ試行し、インストールできました。

  1. 念のためインストールしていたMacPorts 1.8.0をhttp://guide.macports.org/#installing.macports.uninstallingを参考にアンインストール。
  2. Snow Leopard対応のMacPorts 1.8.0のパッケージをダウンロードし、インストール。
  3. zlibをインストール
  4. $ sudo port install zlib +universal
  5. Python 2.6をインストール、ここでは失敗する。
  6. $ sudo port install python26 +universal
  7. 失敗した後、ファイル
    /opt/local/var/macports/build/_opt_local_var_macports_sources_rsync.macports.org_release_ports_lang_python26/work/Python-2.6.2/Lib/plat-mac/EasyDialogs.py を使い慣れたテキストエディタで開き、import Navの行を検索し、コメントアウトする。編集にはroot権限が必要。
  8. 再度、Pyhthonをインストールすれば成功するはず。アプリケーションフォルダ内のフォルダMacPortsにフォルダPython 2.6が作られ、3つのファイルが作成される。

    MacPorts 1.8.0でインストールしたPython2.6

    MacPorts 1.8.0でインストールしたPython2.6

以上の操作が終わればGTK2もportコマンドでインストールできる。

MacPortsでインストールされるプログラムはMac OS X 10.6ではハードウェアが64ビット対応であれば64ビットのみでビルドされるが、+universalオプションをインストール時に付加すると64ビットと32ビットの両方に対応するようにビルドされる。コマンドやビルドされたファイルが32ビット対応か、64ビット対応かを調べるにはターミナルでfileコマンドを使えば分かる。

$ file /bin/ls
$ file /opt/local/bin/ptex

参考ページ

http://trac.macports.org/ticket/20870

,

No Comments

Snow Leopardインストール

箱根から戻り、Snow Leopardをアップグレードインストールする。Xcodeもインストールし、ディスク容量は20GBぐらい増加した。

MacPortsは1.8.0がリリースされ、アップグレードするとGTK2のアップグレードで次のようなエラーメッセージが表示された。

Command output: /usr/bin/gcc-4.2 -L/opt/local/lib -u _PyMac_Error Python.framework/Versions/2.6/Python -o python.exe \
			Modules/python.o \
			 -ldl
ld: warning: in Python.framework/Versions/2.6/Python, file is not of required architecture
Undefined symbols:
  "_PyMac_Error", referenced from:
  "_Py_Main", referenced from:
      _main in python.o
ld: symbol(s) not found
collect2: ld returned 1 exit status
make: *** [python.exe] Error 1

Error: Status 1 encountered during processing.

そこでPython2.6をインストールしようとしても同じエラーが表示され、うまくいかない。GTK2が関係しないパッケージは普通にインストールできる。

,

2 Comments

MacPortsのgtk-docアップグレード時のエラー対策

MacPortsのアップグレード項目にgtk-docが表示されたのでアップグレードしようとしたら次のようなエラーが表示されてしまい、アップグレードを完了できなかった。

checking for DocBook XML DTD V4.3 in XML catalog... not found
configure: error: could not find DocBook XML DTD V4.3 in XML catalog

そこでいろいろ試したり、調べたりして何とか解決できた。私の採った手順は次の通り。

  1. gtk-docをuninstall
  2. docbook-xmlをdeactivate
  3. docbook-xslをdeactivate
  4. gtk-docをinstall

コマンドは次の通り。

$ sudo port uninstall gtk-doc
$ sudo port deactivate docbook-xm
$ sudo port deactivate docbook-xsl
$ sudo port install gtk-doc

私の環境では以上の操作でgtk-docのインストールが完了した。

DocBook XML DTD 4.3がカタログにないと表示されたのでアンインストールを試したが依存関係で消せないのでDocBook-XMLを無効化し、更に関連するDocBook-XSLも無効化することで解決された。

,

No Comments

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。