Posts Tagged コマンド

networksetupコマンドでネットワーク環境の切り替え

久しぶりの投稿ですね。

MacBook Airを自宅と職場で使っているがネットワーク環境が異なっていて自宅はDHCPでの自動設定、職場は固定IPアドレスでプロキシサーバを使っている。OS Xはネットワーク環境の切り替えが簡単にできて便利だがこれをコマンドで出来ないかとコマンドを探してみるとnetworksetupというコマンドを見つけた。これで端末で変更できる。

ネットワーク環境の切り替え

ネットワーク環境の切り替え

ネットワーク環境の一覧はlistlocationsオプションで表示できる。

[~]$ networksetup -listlocations
1 実習室
ひみつ
0 教員室
2 自動
実験

ネットワーク環境を”2 自動”に切り換えるにはswitchtolocationオプションを使う。

[~]$ sudo networksetup -switchtolocation 2\ 自動
found it!

listallhardhareportsオプションでデバイスとポートの対応が分かる。

[~]$ networksetup -listallhardwareports

Hardware Port: Bluetooth DUN
Device: Bluetooth-Modem
Ethernet Address: N/A

Hardware Port: USB Ethernet
Device: en2
Ethernet Address: 28:37:37:03:cd:64

Hardware Port: Wi-Fi
Device: en0
Ethernet Address: 04:0c:ce:e3:4e:9a

Hardware Port: Bluetooth PAN
Device: en1
Ethernet Address: N/A

VLAN Configurations
===================

VLANも作れるんですね。

No Comments

Lion、アップデートとプレインストールのカーネルの違い

Snow LeopardからLionへのアップデート(MacBook Pro Late 2008 Core2Duo)とプレインストールモデル(MacBook Air Mid 2011 Core i7)のLionはカーネルバージョンが異なっていた。プロセッサの違いだろうか?

/mach_kernelのタイムスタンプ

Snow LeopardからLion

-rw-r--r--@   1 root    wheel  15565140  6 19 04:59 mach_kerne

プレインストールLion

-rw-r--r--@   1 root    wheel  15565140  6 30 11:56 mach_kernel

uname -vコマンドの出力

Snow LeopardからLion

Darwin Kernel Version 11.0.0: Sat Jun 18 12:56:35 PDT 2011;
root:xnu-1699.22.73~1/RELEASE_X86_64

プレインストールLion

Darwin Kernel Version 11.0.1: Wed Jun 29 19:53:22 PDT 2011;
root:xnu-1699.23.2~1/RELEASE_X86_64

sw_versコマンドの出力

Snow LeopardからLion

ProductName: Mac OS X
ProductVersion: 10.7
BuildVersion: 11A511

プレインストールLion

ProductName: Mac OS X
ProductVersion: 10.7
BuildVersion: 11A2063

,

No Comments

mtmd

Lionから導入されたmtmd(Mobile Time Machine Daemon)、通常の外付けHDDなどにTimeMachineでバックアップできないときにローカルディスク内にTimeMachineのスナップショットを作ってくれるがその分CPUとディスクを消費する。このデーモンによって/Volumes/MobileBackupsというボリュームが作られる。

もし、これが邪魔ならターミナルから次のコマンドで止めてしまえば良い。

$ sudo tmutil disablelocal

,

2 Comments

otoolコマンドでロードされるライブラリを調べる

Mac OS XでLinuxのlddに相当するコマンドがotool、Lオプションで共有ライブラリの名前とバージョンが分かる。なるほど。

$ otool -L /Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs
/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs:
	/System/Library/Frameworks/AppKit.framework/Versions/C/AppKit (compatibility version 45.0.0, current version 1038.32.0)
	/System/Library/Frameworks/Carbon.framework/Versions/A/Carbon (compatibility version 2.0.0, current version 152.0.0)
	/opt/local/lib/libdbus-1.3.dylib (compatibility version 8.0.0, current version 8.0.0)
	/usr/lib/libSystem.B.dylib (compatibility version 1.0.0, current version 125.2.0)
	/opt/local/lib/libncurses.5.dylib (compatibility version 5.0.0, current version 5.0.0)
	/usr/lib/libobjc.A.dylib (compatibility version 1.0.0, current version 227.0.0)
	/System/Library/Frameworks/CoreServices.framework/Versions/A/CoreServices (compatibility version 1.0.0, current version 44.0.0)
	/System/Library/Frameworks/CoreFoundation.framework/Versions/A/CoreFoundation (compatibility version 150.0.0, current version 550.29.0)
	/System/Library/Frameworks/ApplicationServices.framework/Versions/A/ApplicationServices (compatibility version 1.0.0, current version 38.0.0)
	/System/Library/Frameworks/Foundation.framework/Versions/C/Foundation (compatibility version 300.0.0, current version 751.29.0)

No Comments

Snow Leopardのモードを調べる

Snow Leopardは32ビットモードで起動するのがデフォルトだが、現在のモードはターミナルでunameコマンドで調べられる。

uname -m

AppleメニューからのこのMacについて、詳しい情報と選択し、システムプロファイラからは64ビットカーネルかが分かる。

アクティビティモニタでは現在のプロセスが32ビットか64ビットかを表示できる。メニューの表示から表示項目を開き、種類にチェックをすればよい。意外と多くのプロセスが64ビットモードで動いているのが分かる。

,

No Comments

treeコマンド

LinuxにはあるがMac OS Xにはないコマンドtree、MacPortsで利用できるようになる。実行結果は23847ディレクトリ, 245527ファイルだった。

$ sudo port install tree

, ,

No Comments

今頃dfコマンドのhとHオプションの違いに気づく

Leopardにアップグレードした後、dfコマンドのhオプションを使ったらTigerまでとは表示が異なっていた。これまで何気なく使っていたが、調べてみると2進進数を使うか、10進数を使うかの違いだった。今頃分かるとは、情けない。

[~]$ df -h
Filesystem      Size   Used  Avail Capacity  Mounted on
/dev/disk0s2   149Gi  117Gi   32Gi    79%    /
devfs          106Ki  106Ki    0Bi   100%    /dev
fdesc          1.0Ki  1.0Ki    0Bi   100%    /dev
map -hosts       0Bi    0Bi    0Bi   100%    /net
map auto_home    0Bi    0Bi    0Bi   100%    /home
[~]$ df -H
Filesystem      Size   Used  Avail Capacity  Mounted on
/dev/disk0s2    160G   126G    34G    79%    /
devfs           109k   109k     0B   100%    /dev
fdesc           1.0k   1.0k     0B   100%    /dev
map -hosts        0B     0B     0B   100%    /net
map auto_home     0B     0B     0B   100%    /home

No Comments

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。