MacBook Air mid 2011でAirDropを使用可能にする

OS X 10.10 YosemiteとiOS 8.1の組合せで期待していたMacとiOSデバイス間でのファイル転送機能のAirDropやアプリケーションの連携のHandoffと行った機能は下記のMacでのみ使え私の使っているMacBook Air mid 2011では非対応だ。

  • MacBook Air(2012以降)
  • MacBook Pro(2012以降)
  • iMac(2012以降)
  • Mac mini(2012以降)
  • Mac Pro(Late 2013)

新しいMacを買えばいいのだろうがそうもいかないので半ば諦めていたが9to5Mac.comのContinuity Activation Tool enables Handoff/Instant Hotspot/AirDrop features on unsupported Macsという記事から公式には未対応のMacでAirDrop等を可能にするContinuity Activation Toolというツールの存在を知り適用したところAirDrop、HandoffがMacBook Air mid 2011で利用できるようになった。

MacBook Air mid 2011の場合はハードウェアはBluetooth 4に対応しているのでこのツールでOS Xにパッチを当てるればよい。

Continuity Activation Toolの中身はシェルスクリプトだが起動するとテキストによるメニューが表示され、番号を選ぶだけでパッチが適用され、再起動で利用可能になる。

AirDrop等を使うにはMacとiPhoneで同一のiCloudアカウントでログインし、WiFiとBluetoothをオンにする。WiFiの使えない環境でもWiFIはオンにしておく。私の環境ではMacからiPhoneへは常に転送可能だがiPhoneからMacへはできたりできなかったりとまちまちだがMacとiPhoneの連携が可能になり、より便利になりました。

10 Comments

SIMフリーiPhone 6 PlusでSo-netモバイルLTE +Talk S2のSIMを使う

9月19日(金)に届いたSIMフリー iPhone 6 PlusにドコモのFOMAからMNPしたSo-netモバイルLTE +Talk S2のSIMを差して無事動作し利用できるようになった。

SIMカードの申込みから到着まで

So-netモバイルLTE +Talk S2に申し込みからSIMカードが届くまでの経過は次のとおり。5日掛かり、およそ1日MNP転出側の端末が使用できなっかった。

  • 15日 Webで申込み
  • 18日 正午過ぎ、ドコモFORMが圏外に
  • 19日 SIM発送のメールが届き、SIMカードが配達された

APNの設定

SIMフリー機器なのでAPNの情報を入力するようにSIMカード同梱の説明書には記載されているがiOS8のiPhone 6 Plusではそれを入力する設定項目がない。検索した結果、サポートページで紹介されている”iPhone 5s (ドコモ販売版 / SIMフリー版) の SIM カード挿入 / 接続設定方法 (So-net モバイル LTE)”に示されたAPN構成プロフィールをiPhone 6 Plusでダウンロード、インストールして回線を利用できるようになった。

回線速度

気になる通信速度だがSIMカード挿入後とほぼ一日経過後の速度は次のとおり。

  • 2014/09/19(金) 22:25:59 下り: 0.66Mbps 上り:18.59Mbps LTE SIM挿入直後
  • 2014/09/21(日) 01:02:49 下り:36.74Mbps 上り:16.62Mbps LTE
So-netモバイルLTE +Talk S2の速度

So-netモバイルLTE +Talk S2の速度

最初は信じられない数値だったが20日(土)に屋外で使用した感じはiPhone5で使っているSoftbank回線と変わりない体感だったが数値でも確認できた。何故、こんなに違うのかは分からないが一安心である。

なお、速度計測にはRBB TODAY SPEED TEST ver1.0.7を使用した。一度だけの測定、時間帯も異なるので適正な結果とはいえない。


平成26年10月4日(土)追記

So-netモバイルLTEからiPhone6向けのAPN構成プロフィールが出ていました。

iPhone 6 / iPhone 6 Plus (ドコモ販売版 / SIMフリー版) の SIM カード挿入 / 接続設定方法 (So-net モバイル LTE)

2 Comments

ドコモ一括請求代表回線の変更方法

アップルストアの発売するSIMフリーiPhone6 Plusを注文した。SIMカードをどうしようかと色々と検索し、So-netユーザということもあり、So-netモバイルLTE+Talk S2を利用することにした。音声通話もできるのでほとんど使っていないドコモのガラケーからMNPすることにした。ただ、この回線がドコモを使っている家族の一括請求代表回線になっているので代表を他の家族に変更してからMNPすることにした。

MyDoCoMoでは代表回線の変更ができないのでドコモインフォメーションセンターに電話で確認したら新旧の代表回線の契約者が異なるので両契約者がドコモショップへ行き、手続きが必要とのこと。下記が必要なもの。

  1. 現代表回線契約者
    1. 運転免許証などの身分証明書
    2. 現回線の電話番号
    3. ネットワーク暗証番号
  2. 新代表回線の契約者
    1. 電話番号
    2. ネットワーク暗証番号
  3. 新しい料金支払いのためにクレジットカードやキャッシュカード

電話番号や暗証番号はテンキーで自分で入力。現代表の氏名や新代表の氏名と電話番号はブギーボードに書いた。

手続きは意外とスムーズで30分もかからずに終わった。料金支払いの支払い口座やクレジットカードの登録もすぐにできるようだが自分の利用している金融機関はその場では登録できず、書面を郵送することになった。

帰宅後、MyDoCoMoからMNP予約番号を取得し、So-netモバイルLTE+Talk S2への申込みを行った。処理が進むのを待っている状態である。iPhone到着に間に合うか(^_^)

No Comments

MacPortsでインストールしたvimではcrontab -eが上手く動かない

OS X 10.9.4でcronを使った自動実行を設定しようとしてcrontab -eし、設定を入力保存したら下記のメッセージが表示され、crontab -lを実行しても入力が反映されなかった。

[~]$ crontab -e
crontab: no crontab for sakabe - using an empty one
crontab: no changes made to crontab

検索すると下記のように環境変数EDITORを一時的にnanoに変更して実行する方法が見つかった。

env EDITOR=nano crontab -e

nanoの使い方分からないので別な方法がないかと調べたり考えた結果、私の環境で通常使用しているのvimはMacPortsでインストールしたものだが他のテキストエディタを試したところ上手くできた。

OS Xに最初からインストールされているvim(/usr/bin/vim)を使う場合のコマンドは下記の通り。

env EDITOR=/usr/bin/vim crontab -e

また、emacsも同様に使える。

env EDITOR=emacs crontab -e

参考にしたのはmacでcrontab -e が保存されない問題を解決した。

No Comments

フィンガープレゼンターkokuyosekiを購入

以前から気になっていた製品コクヨのフィンガープレゼンターkokuyoseki 黒曜石を購入した。

フィンガープレゼンターkokuyoseki

フィンガープレゼンターkokuyoseki

この製品の機能は次の4つ。

  1. プレゼンテーションの開始(ソフトのバージョンによってはできない物もある)
  2. スライドを次へ進める
  3. スライドを前に戻す
  4. 画面の暗転

Webサイトなどでは利用できるソフトウェアとしてPowerPointとKeynoteの名前しかないがSafariやTwitterのようなソフトウェアだとページやタイムラインのスクロールが可能だった。

ちょっと嬉しいのがiMindMapのプレゼンテーションモードでもKeynoteと同様に操作できたことだ。マインドマップをよく使うのでこれは有り難い。

なお、専用のUSBポートに接続する受信機の情報はOS Xのシステム情報で次の図の様に表示された。

USB受信機の情報

USB受信機の情報

9月から使っていこうと思う。

No Comments

iOSアップデート後に動作がおかしいときの対処

iOS8のベータのアップデートしてそれ以前と比べて動作がおかしいようならすべての設定をリセットすると問題が解決された。

手順は次の通り。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 表示を一番下目でスクロール
  4. すべての設定をリセットをタップ
  5. パスコードを設定していればそれを入力
  6. すべての設定をリセットをタップ

以上で設定がすべて消去される。アプリケーションの設定やデータは消えません。

No Comments

Macアイコンフォントをコードで入力する方法

AppleのMac30周年記念サイトにMacアイコンフォントがあることが伝えられていたので早速ダウンロードし、FontBookでインストールした。このフォントを使ってMacのアイコンの文字はフォントを選ぶだけでは入力できないのでFontBookからドラッグ&ドロップするかキーボードをUnicode Hex Inputモードに切り換えコードで入力する敷かない。その設定と使用法は以下の通り。

MacでUnicode Hex Inputモードを使う手順は次の通り。

  1. システム環境設定を開き、キーボードをクリックする。

    システム環境設定

    システム環境設定

  2. 入力ソースタブを選び、左下にあるボタンを押す。

    入力ソースの追加

    入力ソースの追加

  3. 言語のリストの一番下にあるその他を選び、右側のリストに表示されるUnicode Hex Inputを選択肢、右下の追加ボタンを押す
    Unicode Hex Inputを追加

    Unicode Hex Inputを追加

    Unicode Hex Inputが追加された

    Unicode Hex Inputが追加された

Macアイコンを入力する手順は次の通り。

  1. 入力するアプリケーションを開き、フォントをmac-icon-standardに変更する。

    フォントの変更

    フォントの変更

  2. メニューバーやショートカットキー操作で入力ソースをUnicode Hex Inputに変更する。

    入力ソースの変更

    入力ソースの変更

  3. optionキーを押しながらコードを入力する。コードはE600からE643までが使える。
    コードの確認

    コードの確認

    入力例

    入力例

このフォントがインストールされていない環境ではアイコンは見えません。

No Comments

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。