Archive for category Mac OS X

iTunesのライブラリを外付けHDDにする(Mac)

iTunesのライブラリを標準の保存場所(/Users/ユーザ名/Music/iTunes)からUSB接続の外付けHDD内のフォルダなどに変更するには次の操作をする。

  1. iTunesライブラリのフォルダ(/Users/ユーザ名/Music/iTunes)を外付けHDDなどに移動する。
  2. optionキーを押しながらiTunesを起動する。
  3. 表示されたダイアログのライブラリを選択ボタンを押し、ライブラリを移動したフォルダを指定する。

    iTunesライブラリを選択

    iTunesライブラリを選択

  4. ライブラリを変更後は普通に起動すれば上記方法で指定したライブラリが使用される。

エイリアスやシンボリックリンクを作る方法もあるがこれが一番簡単でしょう。

No Comments

Xcode 4.3にはDashcodeやQuartz Composerなどが含まれていない

先日公開されたXcode 4.3にはDashcodeやQuartz Composerなどが含まれていないんですね。別途Developer Cemterからダウンロードし、適当な場所に展開すれば使えるようです。

No Comments

Lion(Mac OS X 10.7)の辞書機能を利用する

Macを使っていて便利な機能の一つが辞書で、OSに標準で国語、英和/和英、類義語が搭載されています。この辞書はブラウザなどに表示された言葉の意味を調べるためにも利用できます。

文字列を選択できれば様々なアプリケーションからも利用でてっと手も便利です。

操作手順は次の通り。

  1. 調べたい単語を選択する。
  2. マウスの副ボタン(右クリックやControl+クリック)を押し、メニューを表示する。
  3. 表示されたメニューから”○×△◆”を調べるあるいは辞書で調べるを選ぶ。

No Comments

Lionのプレビューの虫眼鏡のズーム

先日、Lionのプレビューに虫眼鏡の機能があることを知ったが虫眼鏡が表示されているときに+や−キ–を押すと虫眼鏡がズームイン・ズームアウト出来ることが分かった。まだまだ知らない機能があるのかな?

プレビューの虫眼鏡

プレビューの虫眼鏡

ズームイン

虫眼鏡のズームイン

虫眼鏡のズームイン

ズームアウト

虫眼鏡のズームアウト

虫眼鏡のズームアウト

,

No Comments

SafariでFaviconが表示されなくなったら

先日、MacBookAirが一日で4回ほどカーネルパニックを起こして電源ボタン長押しで教師終了させる事態があったが、その影響かSafariのブックマークやURLでFaviconが表示されなくなった。検索してみた結果、ユーザのライブラリフォルダのSafariフォルダ内にあるファイルWebpageIcons.dbにFaviconのデータが保存されていることが分かった。Safariを終了した後、このファイルを削除し、Safariを使えばFaviconが表示されるようになる。

端末ではrmコマンドで削除。

$ rm ~/Library/Safari/WebpageIcons.db

Finderからはサイドバーにライブラリがないのでメニューから移動フォルダへ移動の順に選択し、表示されたダイアログに~/Library/Safariと入力し、移動ボタンを押せばフォルダが表示される。

Finderでフォルダを移動

Finderでフォルダを移動

No Comments

iPhoneとMobileMeの同期が上手く出来ないときの対処

iPhoneとMobileMeの間でアドレスやカレンダーなどが正しく同期されないときはiPhone上のMobileMeアカウントを削除し、再度登録すればカレンダーなどが正しく同期される。

iPhone上で設定メール/連絡先/カレンダーからMobileMeのアカウントを選び、最下部のアカウントを削除を選択すればアカウントが削除される。念のためiPhone上のデータは削除した。

No Comments

WineでAirPenNoteの識字を利用する

PentelのAirePen Miniは昨年末からMac対応になっているが付属ソフトウェアのAirPenNoteの機能で魅力的な識字機能がMac版には欠けている。仮想マシンで動かせば使えるのは明らかだが面白くない。そこでWine上にAirPenNoteをインストールし識字出来ないか試してみた。

wineはMacPortsでインストールし、MacとWineの両方にAirePenNoteなどのソフトウェアをインストールしておく。流石にWineからはUSB接続のメモリユニットは識別できないので次の手順で取り込み、識字させる。

  1. Mac上のAirPenNoteでメモリユニット内のデータを転送する。
  2. それをデスクトップなどに保存する。
  3. Wine上のAirPenNoteで保存されたデータを読み込む。
  4. 識字機能を実行する
識字だけならハードウェアは関係ないのでうまく動作してくれる。早くMac上でも識字してくれればこんな面倒なことはしなくて済むのだが。
Wine上のAirPenNoteでの識字結果

Wine上のAirPenNoteでの識字結果

,

No Comments

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。