Archive for 10月 26th, 2014

MacBook Air mid 2011でAirDropを使用可能にする

OS X 10.10 YosemiteとiOS 8.1の組合せで期待していたMacとiOSデバイス間でのファイル転送機能のAirDropやアプリケーションの連携のHandoffと行った機能は下記のMacでのみ使え私の使っているMacBook Air mid 2011では非対応だ。

  • MacBook Air(2012以降)
  • MacBook Pro(2012以降)
  • iMac(2012以降)
  • Mac mini(2012以降)
  • Mac Pro(Late 2013)

新しいMacを買えばいいのだろうがそうもいかないので半ば諦めていたが9to5Mac.comのContinuity Activation Tool enables Handoff/Instant Hotspot/AirDrop features on unsupported Macsという記事から公式には未対応のMacでAirDrop等を可能にするContinuity Activation Toolというツールの存在を知り適用したところAirDrop、HandoffがMacBook Air mid 2011で利用できるようになった。

MacBook Air mid 2011の場合はハードウェアはBluetooth 4に対応しているのでこのツールでOS Xにパッチを当てるればよい。

Continuity Activation Toolの中身はシェルスクリプトだが起動するとテキストによるメニューが表示され、番号を選ぶだけでパッチが適用され、再起動で利用可能になる。

AirDrop等を使うにはMacとiPhoneで同一のiCloudアカウントでログインし、WiFiとBluetoothをオンにする。WiFiの使えない環境でもWiFIはオンにしておく。私の環境ではMacからiPhoneへは常に転送可能だがiPhoneからMacへはできたりできなかったりとまちまちだがMacとiPhoneの連携が可能になり、より便利になりました。

10 Comments

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。