今頃dfコマンドのhとHオプションの違いに気づく


Leopardにアップグレードした後、dfコマンドのhオプションを使ったらTigerまでとは表示が異なっていた。これまで何気なく使っていたが、調べてみると2進進数を使うか、10進数を使うかの違いだった。今頃分かるとは、情けない。

[~]$ df -h
Filesystem      Size   Used  Avail Capacity  Mounted on
/dev/disk0s2   149Gi  117Gi   32Gi    79%    /
devfs          106Ki  106Ki    0Bi   100%    /dev
fdesc          1.0Ki  1.0Ki    0Bi   100%    /dev
map -hosts       0Bi    0Bi    0Bi   100%    /net
map auto_home    0Bi    0Bi    0Bi   100%    /home
[~]$ df -H
Filesystem      Size   Used  Avail Capacity  Mounted on
/dev/disk0s2    160G   126G    34G    79%    /
devfs           109k   109k     0B   100%    /dev
fdesc           1.0k   1.0k     0B   100%    /dev
map -hosts        0B     0B     0B   100%    /net
map auto_home     0B     0B     0B   100%    /home

  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。