秋月のUSB-シリアル変換器をMac OS Xで使う


先日購入した秋月電子通称のUSB-シリアル変換器にはWindows用のドライバしか付いていない。そこでWindows上でProlific USB-to-Serial Bridgeとして認識されるのでGoogleで検索するとMac OS X用のドライバがProlificのサイトにあったので左側ダウンロードし、インストールした。

ドライバインストール後、ケーブルを指すと/dev/cu.usbserialというスペシャルファイルが作られ、利用できるようになる。

下記の参考サイトを参考にMac上でクロス開発環境を作れた。gccなど新しすぎるのはだめだった。

参考サイト

H8-300Hのソフト開発をMacOSX上でやろう、の日記

  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。