Classic環境のアンインストール


インストールはしたが使わないClassic環境のアンインストールを試みた。

起動パーティションににあるClassic環境の「システム」が使用中のため削除できない。そこでそのフォルダ内にある次のファイルの名前を変更し、再起動することで使用中でなくなり、削除が可能になる。

削除当の作業はroot権限が必要。

  • Classic Support
  • Classic
  • Finder
  • System
  • パネル
  • ログイン

これらのファイルがOS Xで使用中の場合、他のパーティションへ移動できない。

ファイル名を変更し、再起動したことでシステム環境設定のClassicはMac上にClassic環境がないと判断する。

  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。