Archive for 12月 30th, 2005

年の瀬のこんな時期にiBookの分解に挑戦

こんな時期にやらなくてもと思いつつその気なってしまい、工具(トルクスドライバT8と六角レンチ)を購入し画面が表示されなくなったiBook 800MHzの分解に挑戦した。

このiBook、半年ぐらい前に突然画面が写らなくなり、たまに電源を入れると表示されるがすぐにおかしくなるといった症状を繰り返し、いつの間にか誰も使わなくなってしまった。

参考サイトを読み、ある程度の容量をつかみ分解する。ねじの多さには驚いた。ケースがはめ込みになっているのでそれを外すのにも一苦労。使わなくなったプラスチック製のメンバーズカードが威力を発揮した。

基盤がむき出しの状態までバラし、試しに電源を入れてみるとなんと、まともに動作する。思わず「やった!」とガッツポーズ。早速シールドのアルミ板を装着し、再度電源を投入すると今度は画面は表示されず。いろいろ試すも症状は改善されなかったのでふてくされて眠る。

iBook

起床後、バラしたままでは片付けられないので組み立てる。案の定ねじが何本も余る。ちゃんと動かないからまぁいいか、とそのままにする。最後のあがきに電源を入れるとちゃんと動く。ただし、パームレスト部に力を加えると画面表示がおかしくなり、止まってしまう。何らかの接触不良等が想像される。外部キーボードなら何とか使えそうな感じだ。ちょっと様子を見よう。

参考サイト

No Comments

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。