データフォークとリソースフォークを分離する


Mac OS Xで作成したファイルにはデータそのもの格納しているデータフォークとアイコン情報などを格納しているリソースフォークの2つで構成されている。Mac OS Xだけの場合は問題ないが、Windowsなど他のプラットフォームへファイルを持って行くときにリソースフォークが邪魔になる。そのリソースフォークを分離するにはコマンドSplitForksを使う。

このコマンドの使い方は次の通り。

/Develpoer/Tools/SplitForks -s ファイル名

これでリソースフォークがドットで始まる名前のファイルになる。

  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。