WindowsとLinuxのデュアルブートでNTLDR is missing


Windows XPとLinuxのデュアルブートできるノートPCでLinuxは問題なく起動するが、WindowsがNTLDR is missingというメッセージを出して起動しなくなった。

Windows側のファイルNTLDRがなくなってしまったようなのでWindows XPのインストールディスクで起動後、回復コンソールを使ってCD-ROMのI386ディレクトリからファイルNTLDRをCドライブのルートディレクトリにコピーした。

再起動するとWindowsは起動せず、すぐに再起動になってしまうのでまだファイルが足りないようだ。ルートディレクトリをちゃんと起動するPCと比べるとファイルNTDETECT.COMがない。これもCD-ROMのI386ディレクトリからコピーする。念のため、ATTRIBコマンドでこの2つのファイルの属性をシステム、隠しに設定した。今度は無事、Windowsが起動した。

以下は実際に実行したコマンド。CD-ROMドライブはEになっている。

copy e:\i386\ntldr c:\
copy e:\i386\ntdetect.com c:\
attrib +h c:\ntldr
attrib +s c:\ntldr
attrib +h c:\ntdetect.com
attrib +s c:\ntdetect.com
  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。