Wonder Borg


Wonder Borgがやってきた。組み立てる部分は意外に少なく、足のパーツを差し込み、カバーをつければ終わりです。電源は単4電池3本の4.5Vです。8ビットのCPUを使っていると取扱説明書に書かれています。部品点数はそれほど多くなく、CPUらしいICはEM78P4510 9951K BD9CG1とかかれたものだと思います。
早速、子供たちに占領されてしまいました。動くWonder Borgを見て、嬉々としている私を妻は呆れて見ていました。今、小6の長男がはまっています。
プログラムはWonder Swan上で作り、赤外線でborgに送信します。キットに付属のカートリッジに赤外線の送受信部が組み込まれています。

img01.jpg

  1. No comments yet.
(will not be published)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。